夜遅くまでの仕事や家事、子育てと1日中働き通しの女性は多いです。体脂肪が気になっていても、運動の時間を作り、毎食カロリー計算をする時間をとるのは難しいのではないでしょうか。

ダイエットは手軽にできて楽しく続けられることが成功の秘訣です。

今回は、置き換えダイエットであれば、忙しい女性でも手軽にできて長続きしやすい理由についてご説明します。

置き換えダイエットは運動なしで手軽に痩せられる

置き換えダイエットはいつでも手軽に始められて、運動をしなくても痩せられます。食べ過ぎていたり、太る原因になる食事を痩せやすい食材やダイエット食品に置き換えるからです。

フィットネスクラブに通わなくても大丈夫

ダイエットを考えるとき「フィットネスクラブに通ったら痩せられるかも」と考えることはないでしょうか。しかし、忙しい毎日の中フィットネスクラブに通う時間を作るのは難しいです。

置き換えダイエットであれば、時間をひねりだしてまでフィットネスクラブに通わずに痩せることができます。

フィットネスクラブに通うにはまず勇気と決断が必要です(私は必要でした)。ウェアや靴を準備して入会金や月会費を払います。そして当然、通い続けなければいけません。

もちろん、楽しく自分に合っていたなら、ダイエット効率や健康のために通う方が良いです。しかし、長くは続かず、すぐフィットネスクラブをやめてしまったという声をよく聞きます。

私がフィットネスクラブに通ったとき、トレーナーに提案されたトレーニングをしてから他の運動をするようにといわれました。しかし、提案されたトレーニングは効果を実感できず、楽しく思えなかったため数ヶ月でやめてしまいました。

置き換えダイエットなら、時間を作ってフィットネスクラブに通わなくても痩せることができます。食事を置き換えるだけのため、フィットネスクラブに通う時間を有意義に使いながら痩せられます。

運動をする時間がなくても痩せられる

ダイエットと聞くと、やはりなにかしら運動が必要と考える方が多いのではないでしょうか。しかし、置き換えダイエットでは辛い運動は必要ありません。

普段の食事をダイエット食品などに置き換えることで、摂り過ぎているカロリーなどを抑えます。すると、余分なカロリーが余らないようになります。

そして、筋肉の維持に必要な栄養素はしっかり摂るため、代謝が上がるのです。

もちろん、ダイエット中に運動をすれば痩せるスピードはアップします。また、筋肉量が増えたり、代謝がアップしたりとダイエットにプラスになります。

しかし、毎日忙しく働いて、家事や育児に追われていると、運動のために時間を定期的に作るのは大変です。

運動が苦手な方でも痩せられる

また、もともと運動が苦手な方がいるのではないでしょうか。それでもなんとか時間を作って、ウォーキングやジョギング、筋トレをする頑張り屋さんもいます。

このような頑張り屋さんでまじめな方ほど「しなければいけない」と思うようになります。すると、運動が義務になってしまい、ダイエットがつらく苦しいものになってしまいます。

私が毎日のようにジョギングをしていたとき、1日でも運動しないと、きっとやめてしまうだろうと思っていました。そこで、雨の日でも何か運動ができるようにと買ったマシンが上の写真です。

1度使ってマシンの音が大きかったためマシンを使うのをやめて、そのまま運動自体をやめてしまいました。今マシンは、私の部屋の隅に置きっぱなしになっています。

このように、運動をしたくても時間が取れない方や運動が苦手な方でも、置き換えダイエットであれば痩せることができます。

置き換えダイエットは摂り過ぎているカロリーなどを抑え、余分なカロリーが余らないようにします。食事を置き換えるだけで特別な運動をしなくてもよいのです。

置き換えダイエットは手軽に続けられる

置き換えダイエットは、毎食のカロリー計算や厳しい食事制限などをせずに手軽に続けられます。普段の太りやすい食事を、栄養価の高い食材や栄養素を含んだダイエット食品に置き換えるだけだからです。

カロリー計算をしないで痩せられる

1日3食の食事や食べるものすべてのカロリーを毎日計算するのはとても大変です。仕事や家事の合い間で食事をするとき位、ダイエット中でもカロリーなど考えずおいしく食事をしたいのではないでしょうか。

置き換えダイエットならカロリー計算は必要ありません。太る原因は「カロリー」ではないからです。太る原因は「糖」と「糖と一緒に摂る脂肪」です。

太る原因は炭水化物に含まれる糖

糖が多く含まれているのは炭水化物です。そこで、炭水化物の砂糖や米、小麦粉製品を重点的に置き換え食品と置き換えるようにします。

特に太りやすい炭水化物は、白く精製された白砂糖や白米、小麦粉です。精製とは、米や小麦の皮や胚芽といった栄養価の高い部分を削り取る作業です。精製すると糖の純度が上がり、甘味がでて食べやすくなるのです。

皮や胚芽といった不純物が取り除かれているため、体への糖の吸収が早く吸収率も高くなっています。体がエネルギーとして使うために糖が早く吸収されることは、エネルギー補給の点では優れています。

しかし、吸収した糖が余ってしまうと脂肪に換えられ、体脂肪に蓄えられてしまうのです。しかも、体脂肪は無限に増え続けます。

糖と同時に摂る脂肪も危険

また、糖と一緒に脂肪を摂るとさらに太りやすいです。前述したように、エネルギーとして消費してしまえば、糖と脂肪を食べても太ることはありません。

問題はやはり、食事で摂取した糖と脂肪が余ってしまったときです。エネルギーとして使われずに余ると、食事で摂った脂肪も体脂肪に蓄えられてしまいます。

脂肪は体に必要な栄養素のため、体を造る際に使われます。そのため、脂肪だけを食事で食べても、体脂肪にはならず太ることはありません。

しかし、ほとんどの食品は炭水化物と脂肪(油)を一緒に食べるものばかりです。

例えば、ハンバーグとポテト、スパゲティ、チャーハン、ラーメン、カレー、パン、ケーキ、アイス、チョコ、カフェオレ、ミルクティ‥などたくさんあります。

例にあげた食品のように、炭水化物と脂肪を同時に摂る食品は、高カロリーになる傾向があります。そのため、カロリーを抑えることは無駄ではありません。

しかし、カロリーを下げようと毎食カロリー計算をする必要はありません。気をつけるのは炭水化物に含まれる糖です。

そのため、太る原因になる炭水化物を置き換え食品に置き換えるだけで、簡単にダイエットができます。

カロリー重視のダイエットのように食べるもので悩まない

置き換えダイエットは、好きなものを食べながら痩せることができます。前述したように、カロリー重視のダイエットではないからです。

カロリー重視のダイエット法では、低カロリーの食品しか食べられません。例えば、こんにゃくやもやし、ささみなどは、低カロリー食材としてよく聞く食材ではないでしょうか。

カロリーを考えると「ラーメンはダメ」「ハンバーグもダメ」「中華料理はカロリーが高い」「揚げ物や甘いお菓子なんてとんでもない」と思われるのではないでしょうか。

そして「あれは太る」「これも太る」と考えるようになります。最終的には「食べられるものが何もない‥」と思うようになります。

私自身が上のように考えるようになったときがありました。このときは、しばらくウィダーインゼリーだけを食べていました。

しかし、このような食事では体に必要な栄養素が不足してしまいます。栄養素が不足すると太りやすい体になったり、リバウンドの原因になります。

厳しい食事制限をしないで痩せられる

栄養素を考えない厳しい食事制限はリバウンドの原因になります。

置き換えダイエットでは厳しい食事制限は必要ありません。ただ食事のカロリーを減らす、ただ食事の量を減らすといった方法のダイエットではないからです。

健康的に痩せて、痩せて美しくなった体を維持するためには、健康な体を造る栄養素が必要です。

例えば、カロリーを減らすために前述したようなこんにゃくやもやし、寒天だけを食べるような我慢のダイエットがあります。このような方法でも一時的には痩せられます。

しかし、これは体脂肪ではなく筋肉量が落ちたことによる体重減少です。このとき、体のなかでは栄養不足になっています。

そのため、体が栄養不足を補おうと、必要以上に栄養素を取り込むようになります。すると、異常な食欲がわいてきます。

そして、痩せたからと通常の食事に戻したとたん、我慢していた分も重なり必要以上に食べてしまいます。その結果、リバウンドしてしまうことが多いのです。

このような我慢のダイエットは長続きしません。

むしろ、置き換えダイエットは、通常の食事でいつも以上に意識して栄養素を摂るようにします。こうすることで、筋肉量や体の機能を落とさないようにして、健康的に美しく痩せることができるのです。

アレンジ自由な置き換えダイエット

置き換えダイエットは、生活のペースや目標体重に合わせて自由にアレンジできます。

1日1食を好きなタイミングで置き換える

1日1食を置き換える効果的なタイミングは夕食です。

夕食が1番豪華で量も多く、炭水化物や脂肪の多い食事になりやすいためです。夕食の後は静かに過ごして眠るだけの方がほとんどです。そのため、夕食は特にエネルギーが余りやすく、体脂肪に蓄えられてしまいます。

しかし、必ずしも夕食を置き換えることはありません。生活のパターンに合わせて、朝や昼の食事と自由に置き換えてかまいません。

例えば「朝は仕事に向かう準備で忙しく、いつも簡単にパンだけで済ませている」というような方であれば、思い切って朝を置き換えてしまいます。

慌しい朝もダイエットドリンクであれば、手軽にコップ1杯の水などで粉を溶かすだけです。ダイエットドリンクには必要な栄養素も入っています。

そのため、太りやすい炭水化物だけの食事よりも筋肉を維持しやすく、痩せやすい体を作れます。

予定に合わせて1日2食を置き換え可能

目標体重になるまでは、1日2食の置き換えが基本の方法です。2食のうち1食は夕食を置き換えると効果的です。前述したように、夕食は体脂肪になりやすい食事だからです。

しかしこのときも、必ず夕食を置き換える必要はありません。

例えば「夜は家族と一緒に食事をしたい」「お昼は食べている時間がない」「デートがある」という方もいるでしょう。こうしたときは、朝と昼の2食を置き換えましょう。

ただ、夕食は体脂肪になりやすいです。そのため、主食の米やパン、麺などの炭水化物はなるべく少なめにしましょう。

物足りないという方は、例えば主食の代わりにダイエットドリンクをプラスする方法があります。ほとんどのダイエットドリンクは20kcalほどで低カロリーのため、安心して飲めます。

また「朝はしっかり食べないと力がでない」という方は、昼と夜を置き換えましょう。

決めた食事だけを置き換える必要もありません。その日の予定に合わせて、置き換える食事を自由に換えてよいのです。

このように、予定に合わせて自由に続けることがダイエット成功の秘訣です。

手軽にできる3食置き換えプチ断食

1日3食とも置き換えるプチ断食は、いつでも手軽にできる断食です。1日だけのプチ断食は、準備食や回復食(本格的な断食をするときに必要な、胃腸や体への負担を減らすための食事)が必要ないためです。

プチ断食をすると以下のような効果があります。

・ダイエット開始時:胃腸が休まり、胃が小さくなって食欲が抑えられるため、効率よくダイエットできる

・ダイエット中の停滞期:体の機能と胃腸が休まり代謝機能が高まるため、また痩せやすくなる

・ダイエット成功後:胃腸を休めて代謝機能を高めることができ、食べ過ぎたときのリセットにもなる

私は、食べ過ぎてしまったときや食欲が止まらないときにプチ断食をしています。自然と無駄な食欲が消えるため、気持ちをリセットするのにも役立っています。

1日3食とも置き換えるプチ断食は、ダイエットの加速や体重キープに役立ちます。

このように、置き換えダイエットは運動やカロリー制限をしないで手軽に痩せられるダイエットです。

忙しくても栄養素をしっかり摂れば、筋肉量を維持できます。置き換えダイエットで美しく健康的に痩せて魅力ある女性になりましょう。