「痩せて美しくなりたい」と願う女性は、多いのではないでしょうか。酵素ダイエットなら、ただ痩せるだけではありません。肌からきれいになって痩せられます。酵素が体の内側に働きかけて、新陳代謝を促すためです。

このページでは、酵素で美しく痩せる理由や方法について解説します。

酵素とは何か

私たち人や動物、植物などあらゆる生物を構成している成分が酵素です。酵素は、人が生きていくために必要不可欠な栄養素で「第6の栄養素」とも呼ばれています。

酵素は「パソコンの操作」「歩く」「考える」「喜びや悲しみを感じる」「心臓が動く」「病気やけがを治す」など、身体のあらゆる活動に使われています。

酵素には潜在酵素と食物酵素がある

まず、酵素には「潜在酵素」と「食物酵素」があります。

潜在酵素は、私たちの体の中で作られている成分です。潜在酵素を働きで大きく分けると、「消化酵素」と「代謝酵素」に分けられます。

消化酵素は、食事から摂った栄養を、体が吸収しやすくするための消化作業に使われます。

一方の代謝酵素は、食べ物から消化・吸収した栄養素を分解して、体中で使うエネルギーに変えるために使われています。代謝酵素は、毎日体内でおこなわれる身体のさまざまな働きに係わっています。

もう1種類の酵素である食物酵素は、体の外から摂り込む栄養素です。食物酵素は、生の食材に豊富に含まれています。例えば、食物酵素はトマトやにんじんといった野菜や、梨やももなどのフルーツ、生の肉や魚に含まれています。

細胞を入れ換える新陳代謝に潜在酵素を使う

女性がきれいに痩せるためには、私たちの体の中で作られている潜在酵素を代謝の働きに使うようにすることが肝心です。潜在酵素を代謝に使うことで、体中の機能を高めることに身体が力を注げるためです。

ダイエットに重要な代謝機能に「新陳代謝」があります。新陳代謝とは、古くなった細胞を新しい細胞に入れ換えることです。新陳代謝が活発であれば、体に蓄えられた脂肪細胞をエネルギーとしてどんどん消費します。

また、新陳代謝は肌にも良い影響があります。古い肌細胞を新しく元気な肌細胞に入れ換えるのです。

例えば、新陳代謝が活発になると、シミやシワ、目の下のクマといった女性の敵がなくなります。私たちの体は、約60兆個の細胞が集まってできています。新陳代謝によって、毎日1兆個の細胞が作られ、入れ替わっています。

このとき再生される細胞が、元気で健康な細胞であることが重要です。健康な細胞に入れ替わることで、脂肪細胞であればより痩せやすくなります。また、肌細胞であれば、より若々しく美しくなります。

実際私は、様々な自己流ダイエットの影響で、30歳を過ぎた頃から目の下のたるみに悩んでいました。しかし、後述する酵素を取り入れた7つの食事のポイントを実践して、1週間で目の下のたるみが消えました。

しかし、酵素を摂らない無理なダイエットでは、やつれた印象になったり、老けてしまったりします。そのため、私たちの体の中で作られている酵素を、代謝作業に使うように意識することが大切です。

体内で作られる酵素は年齢とともに減ってしまう

潜在酵素は、毎日体の中で作られていますが、その量は年齢が上がるとともに減っていきます。酵素栄養学の最高権威エドワード・ハウエル氏によると著書の中で以下のように述べています。

人体の酵素生成能力は、加齢に伴ってしだいに低下する。そして、生命を維持するだけのレベルの酵素がつくれなくなって、人間は寿命を終える。人体の酵素生成の予備能力という“遺産”は、生まれた時から限度が決まっているように思われる。

医者も知らない酵素の力より引用

つまり、潜在酵素は「生まれたときから、その人の潜在酵素の上限が決まっている」のです。そのため、できるだけ体内で作られる潜在酵素を節約することが重要になります。

前述したように、潜在酵素は体内で消化作業と代謝作業に使われます。美しく痩せるために、意識して代謝作業に潜在酵素が使われるようにすることが大切です。そのためには、潜在酵素を消化に使わないようにする必要があります。

例えば、酵素を大量に消費してしまう食材として、肉や魚といった動物性たんぱく質があります。たんぱく質は、身体を造るために欠かせない栄養素です。ダイエットに重要な筋肉を作るために、肉や魚などを意識して摂っている女性の方も多いと思います。

しかし、動物性たんぱく質の中で、特に「肉」の消化に大量の酵素が消費されてしまうのです。

野菜やフルーツから食物酵素を摂り入れる

そこで、生きた酵素が含まれる生の野菜やフルーツを、毎回の食事に加えてたくさん食べるようにします。生の食材から酵素を補充して、潜在酵素を温存することが大切です。

野菜は意識して食べていても、普段生のフルーツはほとんど食べないという方が多くいます。フルーツを食べるときに、包丁で皮をむくのが手間で面倒だと思われるかもしれません。

そのようなときは、ジューススタンドなどのお店があれば、フルーツジュースやスムージーを飲むことがおすすめです。また、酵素ドリンクや酵素入り青汁などは手軽に酵素を摂ることができます。

さらに、包丁で皮をむかなくてもよいフルーツを選んでも問題ありません。例えば、さくらんぼやイチゴ、ブドウ、いちじく、カンキツ類、スイカ、メロン、りんご、バナナ、キウィなど、たくさんあります。

生の食材に含まれる食物酵素は、食事をしたときに体の中で食べた物の消化を助けます。食物酵素のおかげで、私たちの体は消化に使われる潜在酵素を節約できます。そのため、生の野菜やフルーツを毎回の食事でたくさん食べるようにしましょう。

野菜やフルーツを生のまま食べる

食物酵素を食材からしっかりとるためには、野菜やフルーツを生のまま食べましょう。酵素は48度以上の加熱で壊れてしまうためです。

例えば、トマトやピーマンは火を通すと甘みが増して美味しく、料理の幅がふくらみます。しかし、野菜を加熱してしまうと酵素としての働きはなくなります。

ただ、野菜には酵素以外にも多くの栄養が詰まっています。ビタミンやミネラル、食物繊維、ファイトケミカルといった栄養素です。これらの栄養素は、美しく痩せたい女性に欠かせない栄養素です。

野菜に火を通せば、水分が減ってより多くの種類や量の野菜を食べられます。色々な種類の食材から栄養を摂ることが、美しく痩せるダイエットには大切です。そのため、生の野菜と加熱した野菜の両方を食べるようにしましょう。

生の食材そのものが自己消化する

生の食材を食べると、食材に含まれた食物酵素が体内で自己消化します。自己消化とは、食材自身から酵素がでてきて、この食材を消化することです。

例えば、生野菜のサラダやフルーツ、漬物などの発酵食品、魚ではお刺身などを食べると、これらの食材自体が私たちの体内で消化を助けてくれます。

このように、生の食材を摂ると潜在酵素を節約できます。

大豆などの植物性たんぱく質をメインのたんぱく源にする

みずみずしいお肌や脂肪を燃やす筋肉を作るためには、体の元となる栄養素の「たんぱく質」が欠かせません。このときは、メインのたんぱく源を大豆製品の豆腐や納豆など、植物性たんぱく質から摂るようにします。

大豆は消化がよく、主成分の3分の1がたんぱく質です。また、大豆に含まれている油は、不飽和脂肪酸といって身体に良い働きをする油です。そのため、大豆や豆腐、納豆などを意識して食べるようにしましょう。

酵素の効果を上げるために腸内環境を整える

さらに、酵素の効果を最大限にするためには、腸内環境を良くすることが大切です。腸内環境が整えば、食べ物の栄養をしっかり消化・吸収して健康な細胞を作れます。また、腸内環境が良くなると、腸内の毒素や体の老廃物をきちんと排泄できます。

便秘がちな腸には悪玉菌(腸内に住み、増えると体に悪影響のある微生物)が多く、毒素や古い便が溜まっています。腸は栄養を吸収する臓器です。そのため便秘がちな腸では、悪玉菌や古い便からでる毒素や有害物質を吸収してしまいます。そして、毒素を血液にのせて全身へ運んでしまいます。

すると、代謝は悪くなり脂肪細胞はエネルギーとして使われなくなって、太りやすくなります。また、肌には目の下のクマや肌荒れ、くすみ、吹き出物などがでるようになります。

最大限に酵素の効果を得るためには、腸内環境を良くすることが重要です。

食物繊維や発酵食品をたくさん摂る

腸内環境を整えるためには、食物繊維が含まれた食材を意識して摂るようにします。食物繊維は、野菜やフルーツ、海藻、きのこなどに多く含まれています。

野菜やきのこには食物繊維の1種、不溶性食物繊維が多く含まれています。不溶性食物繊維は便の量を増やして腸を刺激することで、便秘を改善します。

もう1種類の食物繊維である、水溶性食物繊維が豊富に含まれているのはフルーツや海藻です。水溶性食物繊維は、移動しながら腸内の老廃物などをからめとって腸内をきれいにします。

さらに、腸内環境をよくするためには、腸内の善玉菌を増やすことが大切です。善玉菌は腸内に住む細菌で私たちの身体に良い働きをします。

良い働きの1つが、腸内環境を整えて便秘を改善することです。野菜や海藻に含まれる食物繊維は、善玉菌のえさになって善玉菌を増やします。

また、善玉菌の好物に発酵食品があります。発酵食品には乳酸菌が含まれています。特に、納豆やキムチ、漬物などの植物性の乳酸菌は、胃酸に強いため生きて腸まで届きます。そして、腸まで届いた乳酸菌は腸内環境を良くする働きをします。

腸内環境を良くして代謝を上げるために、食物繊維や発酵食品を積極的に食べましょう。

消化酵素を無駄づかいしない

肌からきれいになって痩せるために、消化作業に使う潜在酵素を減らすことが大切です。消化作業に使わない分の酵素を新陳代謝などに使うことができるためです。

では、消化酵素を大量に消耗する食材はどのようなものでしょうか。それは、「肉や魚などの動物性たんぱく質」や「肉の脂などの飽和脂肪酸(太りやすい油)やマーガリンなどの油脂類」「小麦粉や白砂糖といった炭水化物」です。

これらの食品は消化作業に長い時間と多くの工程が必要になります。体が肉やご飯の栄養素を吸収するために、栄養素の1番小さい形になるまで分解する必要があるからです。

特に、肉にはたんぱく質と飽和脂肪酸の脂肪の両方が含まれています。また、ケーキやアイスなどのスイーツには砂糖や小麦粉の炭水化物だけでなく、バターや生クリームといった飽和脂肪酸の脂肪の両方が使われています。

代謝酵素を温存して痩せるためには、こうした消化作業に手間のかかる食材を避けることが大切です。

潜在酵素を減らす日常の行動

さらに、普段の生活の中で潜在酵素を消耗してしまう行動があります。例えば「タバコを吸う」「飲み過ぎ」「食べ過ぎ」「寝不足」「ストレス」「薬をのむ」ことなどで体は酵素を消耗します。

また、特に暑い日や寒い日、激しい運動などでも酵素は消費されます。このように、酵素は放っておくとどんどん減る一方です。

ここで、あなたの体内酵素は十分かチェックをしてみましょう。

・暑いときも汗をかきにくい

・便秘をしやすい

・ニキビや吹き出ものなど肌荒れがある

・目の下にクマがある

・おならや便の臭いが強い

・よくむくんだり、夏でも冷えやすい

・平熱が低く35℃台

・胸やけや胸のむかつきが多い

・食後に眠くなる

・寝ても疲れやだるさがとれない

・生理不順や生理痛がある

当てはまった項目はありましたか? 当てはまる数が多いほど酵素が足りていません。では、具体的に酵素ダイエットはどのようにすればよいのでしょうか。

酵素ダイエットで痩せる7つの食事のポイント

酵素ダイエットでは、どのようなことに気をつけると効果的なのでしょうか。酵素ダイエットの食事には、意識する7つのポイントがあります。このポイントを意識すれば、自然と痩せることができます。

①食事の量は腹八分

食事では、いつも腹八分を心がけましょう。満腹になるまで食べると、消化酵素を大量に使ってしまうためです。

例えば、満腹になるまで食べたときを思い出してみましょう。満腹のとき、次の食事のときにお腹は減っていたでしょうか?

私の場合、お昼の12時ころに満腹になるまで食べてしまうと、夜の6~7時になってもあまりお腹は空きません。それでも「夕ご飯の時間だから」と、お腹が空いていなくても1食残さず食べていました。

お腹が空いていないのに食べていれば、当然余ったエネルギーが少しずつ脂肪に蓄えられます。その結果、体はどんどん太っていきます。

次の食事のときには、お腹を空かせて美味しくご飯をいただけるようにしましょう。そのために、食事の量はいつも腹八分を意識します。

②生の野菜とフルーツを3食たっぷりとる

酵素がたっぷり含まれている野菜とフルーツを、生のまま毎食たっぷりとりましょう。生の食材に含まれる酵素が、食材の消化を助けてくれます。

酵素栄養学では、1日が3つのリズムに分かれており、リズムに合った食べ方があります。

・午前4:00~昼12:00は排泄タイム

睡眠中に体に溜まった毒素や老廃物を、体の外へ出す働きが高い時間帯が午前中です。スムーズに毒素や老廃物を排出できるように、朝食は生の食材だけをとるようにしましょう。

例えば、朝は生の野菜やフルーツを使って、ジュースやスムージーにして飲むと栄養が吸収されやすいです。また、軽めの生野菜サラダもおすすめです。忙しい女性の方であれば、酵素ドリンクがお手軽です。

ジュースやスムージーなどを作ったときは、すぐに飲むようにします。酵素は、空気にふれると時間がたつほどどんどん減ってしまうためです。

・昼12:00~午後8:00は栄養補給と消化タイム

昼からは、消化の働きが活発になる時間帯です。昼ごはんでは、炭水化物のご飯やたんぱく質の大豆製品をしっかり食べましょう。このときも、生の野菜やフルーツをとるようにします。

夜ご飯は、生の野菜や果物をたっぷりとって、炭水化物のご飯は軽めにします。さらにたんぱく質は、植物性たんぱく質の大豆製品を、メインのたんぱく源にしましょう。夜になって肉やご飯を食べ過ぎると、食べたものを脂肪として体に蓄えてしまいます。

・午後8:00~午前4:00は吸収と代謝タイム

夜の就寝時間中は、お昼の間にとった栄養を吸収し、栄養素を使って身体が代謝作業をする時間帯です。生の食材から酵素をたっぷり摂れば、寝ている間に新陳代謝が活発に働きます。

新陳代謝の働きを高めるために、眠る3時間前には食べ終えるようにします。就寝前まで食べていると、消化作業に酵素がとられてしまい、代謝の働きが低下します。

このように、1日の体のリズムに合わせた痩せる食べ方を意識しましょう。

③色の濃い、旬の野菜を選ぶ

野菜は色が濃く、旬のものをたくさんの種類食べましょう。野菜を選ぶとき、値段や使いやすさなどで、つい同じ食材ばかりを選んでしまいがちです。

しかし、色の濃い野菜には、緑黄色野菜が多く栄養がたっぷり詰まっています。また、野菜は旬のときが一番栄養価が高く美味しいときです。

野菜は生のものだけを食べるのではなく、加熱した野菜もたくさん食べましょう。火を通すことで栄養素が増えたり、噛んだだけでは壊れない細胞膜から出る栄養素をとったりできます。

また、加熱調理により野菜は消化がよくなります。さらに、野菜の水分が抜けて食べられる量が増えます。その結果、食物繊維をたくさんとれるため便秘予防になります。

1日の野菜をとる目安は、400~500g以上です。半分以上は生野菜を食べて、残りの量は加熱した野菜を食べるようにします。

④海藻・きのこ・発酵食品を食事に加える

食事に海藻やきのこ、発酵食品を加えると、より酵素の効果を上げられます。海藻やきのこに含まれる食物繊維と、発酵食品の乳酸菌が善玉菌のエサになって、腸内環境を整えます。

例えば、乾燥わかめを温かいスープに入れたり、水で戻してサラダにのせたりできます。めかぶやもずくを納豆やとろろに混ぜるだけで一品になります。

また、キムチと納豆をあわせると乳酸菌の最強ペアになります。以下の写真は、実際に私が作っているキムチ納豆です。

キムチ納豆にしょうがのすりおろしを加えれば、キムチとしょうがの効果で納豆の味や匂いがやわらぎます。そのため、キムチ納豆は納豆が苦手な方でも食べやすい食べ方です。さらにすりごまをたっぷりのせれば、栄養満点でキムチの辛味を抑えてくれます。

腸内環境が整えば、栄養の吸収や毒素の排出といった代謝の働きが高まります。海藻や発酵食品は、料理の時間をとるのが難しいダイエット中の女性におすすめのお手軽食材です。

⑤和食中心の食事にする

酵素ダイエットでは、和食を意識した食事内容にします。和食には、野菜や海藻、豆、発酵食品を使った料理が多いためです。

洋食では、カレーやスパゲッティなど一品料理が多いです。一品料理では、野菜類が少なく小麦粉やご飯、油といった炭水化物や油脂類ばかりで栄養がかたよりやすくなります。

また、洋食ではハンバーグやステーキといった動物性たんぱく質が多くなってしまいがちです。これら、炭水化物や動物性たんぱく質・脂肪は酵素を大量に消費する食べ物です。そのため、酵素を使う食材ではなく、酵素を補える生の野菜や果物を加えた和食を意識して選びましょう

そして、たんぱく質は植物性たんぱく質から摂るようにします。植物性たんぱく質は、納豆や豆腐、豆乳といった大豆製品に多く含まれます。大豆に足りないといわれている栄養素も、お米を食べることで補えます。

ただ、肉や魚から摂ることのできる栄養素もあります。このときは、1週間のうち肉であれば100~200g、魚であれば200~300g、卵は4個くらいの量を目安に食べるようにしましょう。

また、魚は身体に良い働きをする油を含んでいます。酵素と良い油を摂れるため、魚は刺身で食べることがおすすめです。

炭水化物をとるとき、白米や白い小麦粉製品は避けましょう。ご飯であれば、栄養価が高くやわらかくて消化によい発芽玄米がおすすめです。

ただ、玄米は独特の匂いと味、プチプチとした食感があります。そこで、玄米が苦手な方は、白米に混ぜたり雑穀米と混ぜたりすると食べやすくなります。

私のおすすめは、発芽玄米を炊き込みご飯にすることです。以下の写真は、私が実際に作っている玄米の炊き込みご飯です。

炊飯器で炊くとき、ひじきやこんぶなどとめんつゆを入れて炊き上げます。食物繊維が一緒にとれて美味しく一石二鳥です。

また、パンを選ぶときは白いパンよりライ麦パンや全粒粉(外皮と一緒に挽いた粉)パンなどを、選ぶようにしましょう。

さらに、和食では砂糖を使った料理が多いです。そのときは、白砂糖の代わりにはちみつやメープルシロップ、羅漢果エキス(砂糖の300~400倍の甘みをもつウリ科の植物から作った糖)、アガベシロップ(砂糖1.4~1.6倍の甘さをもつリュウゼツラン科の植物から作った糖)など自然の糖分がすすめです。

これらの炭水化物や糖分は、酵素の消費を抑えます。さらに、これらの炭水化物や糖分は、体内でゆっくり吸収される糖のため太りにくい糖分です。

このように、和食を選ぶことで自然と酵素を節約できて、痩せる食事になります。

⑥スイーツは特別な日に食べる

スイーツは特別な日にいただくようにしましょう。スイーツには、白い砂糖やバター、ショートニングといった脂肪分がたっぷり使われています。そのため、甘いスイーツは酵素を大量に消費してしまいます。

スイーツは酵素不足になるだけではありません。白い砂糖を摂りすぎると、肌のシミやシワ、たるみの原因になります。

実際私は、スイーツが大好きでたくさん食べてきました。30歳を過ぎた頃、一気にシミ、シワ、たるみが現れました。最初は原因が分からず、日焼け止めを塗ったり、ビタミンCを摂ったりしましたが年々ひどくなる一方でした。

食事のバランスには気をつけており、野菜を多くとるように心がけていました。しかし、よく考えてみると生の野菜やフルーツを、あまり食べてこなかったことに私は気が付きました。

しかし、酵素たっぷりの食事を意識するようになれば、酵素の効果はすぐに現れます。私は食事を変えただけで、しつこい目の下のクマが消えてシミが薄くなりました。

スイーツは、美味しくて食べると幸せになれるため、女性には欠かせない食べ物です。しかし、毎日のように安いケーキやお菓子を食べていては、お肌はどんどん汚くなり体重は日に日に増えてしまいます。

そこで、甘いものが食べたくなったときは、フルーツを食べましょう。スイーツよりも低カロリーなうえ、ビタミンやミネラルを摂ることができます。

良い素材を使った高級なスイーツを特別な日に、特別な人と一緒に食べる方が何倍も美味しく幸せにいただけます。美しく痩せるために、スイーツは特別な日にだけ食べるようにしましょう。

⑦良い油を摂る

酵素ダイエットでは質の良い油をとることが大切です。油は、細胞膜や脳の原料になるなど、身体を作るために欠かせない栄養素です。

質の良い油を含む食品は、サバやイワシなどの青魚やエゴマ油、しそ油、くるみやアーモンドといったナッツ類などです。

青魚の油はDHAやEPAといった血液をサラサラにする成分の油です。青魚は刺身でいただくと、良い油と酵素の両方を摂ることができます。

エゴマ油やしそ油、アマニ油などは、体に良い働きをする不飽和脂肪酸のα-リノレン酸が豊富に含まれています。不飽和脂肪酸はとても酸化しやすく、容器に入っていても光に当たるだけで酸化してしまいます。

そこでエゴマ油やしそ油はドレッシングとして使ったり、スープに少量加えたりして生のまま摂るようにします。このとき、エゴマ油やしそ油などを酸化させないために、なるべく早く食べるようにしましょう。

また、ナッツ類にも体に良い油が豊富に含まれています。ナッツ類を選ぶとき、味の付いていない素焼きのものを選びましょう。質の良い油のみを摂ることができます。

健康な細胞を作ってきれいに痩せるために、質の良い油をとることが大切です。

私が実際にこの7つの食事のポイントを実践したところ、毎日少しずつ体重が落ちていきました。その結果、2週間で体重が2kg減りました。このときは、やつれたり、筋肉量が減ったりということはありません。

肌がきれいになったうえ、私は自然と体重が落ちました。酵素ダイエットは、健康的に痩せたい女性におすすめのダイエット法です。

酵素ダイエットで肌から細胞を入れ換えて痩せるために、生の野菜やフルーツをたくさん摂ることが重要です。生の食材に含まれる食物酵素が消化を助け、体の中で作る酵素を節約できるためです。

そうすることで、体内で作られた酵素が体の内側に働きかけて、新陳代謝を促します。その結果、きれいな肌になって美しく痩せられます。