痩せたいと願う女性はただ痩せるのではなく、綺麗になるために痩せたいと願うのではないでしょうか。酵素ダイエットは、美しく痩せたい女性にとても効果の高い人気のダイエット法です。

今回は、魅力的に痩せられる酵素ダイエットの4つの方法をご説明します。

酵素を摂れば代謝が上がり美しく痩せられる

酵素を摂れば、体の代謝機能が上がり痩せる体質になります。体内で酵素が不足して代謝機能が落ちているため太るのです。

私たちが太ってしまう原因は、体内の酵素が足りなくなっているためです。体内の酵素をムダ使いしてしまうと代謝が悪くなるため、脂肪が体にどんどん溜まってしまい太るのです。

体の中では大きく分けて「消化」と「代謝」の2つの働きのために酵素が使われています。

脂肪を溜めず、脂肪を燃やす体になるには、代謝酵素が体の中でしっかり働く必要があります。しかし、食べるものが豊富にある中で生きている私たちの多くは食べ過ぎています。食べ過ぎは体内酵素の消費を促進させてしまいます。

例えば、1日3回の食事を時間がくればお腹が空いていなくても、しっかり食べていないでしょうか。さらに、小腹が減ったとおやつや間食をつまんでいないでしょうか。夜はお酒におつまみで締めるのが日課になっている方もいます。

このような食生活では、体の酵素は食べた物の消化に大量に使われてしまいます。すると、体を代謝する作業に酵素を使えないため、太りやすくなるのです。

また、甘いお菓子やご飯、パンといった糖分の多いものや、脂肪分の多い食事も酵素を大量に消費し太る原因になります。このような食事は、血液や血管に悪影響を与えるためです。

例えば、糖分や脂肪分の多い食事を続けると糖尿病や脂質異常症といった生活習慣病を招きます。このような病気では、血糖値が高くなったり血管が狭くなったりといった症状があらわれます。

酸素や食事で摂った栄養素は、通常体中に張りめぐらされた血管内を血液にのって体の隅ずみに運ばれます。

しかし、血液や血管に問題があると栄養素が体全体に十分に運ばれません。また、脂肪を燃やすために必要な酸素も運ばれないため、体の機能が衰えてしまいます。

すると、筋肉は酸素を使って脂肪をしっかり燃焼することができません。このような状態の体は、代謝が悪く太りやすいため、ますます太る悪循環になってしまいます。

このように、太りやすい食事の食べ過ぎが酵素不足を招き、代謝を落としてさらに太りやすい体にしているのです。

太っている、また太りやすいのは、体内の酵素が「代謝」ではなく「消化」に使われているためです。そこで、代謝の働きを高めるために、消化酵素を外から補給しましょう。

酵素は、生の食材に多く含まれています。

例えば、生野菜や生のフルーツ、魚の刺身などを食べると酵素を摂ることができます。生の食材から酵素を摂ると、食事の際の消化作業に体内酵素を使う量を抑えられます。

外から酵素を摂れば、消化に使われていた体内の酵素を節約できるため、代謝機能が高まります。代謝機能が上がれば、今まで溜まっていた老廃物などがなくなり、体中に栄養が行き渡るようになります。

その結果、脂肪が消費されやすい痩せる体になるのです。

また、代謝機能の1つ、新陳代謝も活発になります。すると、肌や髪、爪といった女性が気になる部分まできれいになります。

実際に、私は酵素を飲み始めて目の下の頑固なクマが消えたこと、ネイルサロンに行けないほどもろかった爪が強くなったことを実感しています。

このように、酵素ダイエットは体本来の働きを取り戻せるため、健康になって痩せられます。

1日の1~3食を置き換えて総摂取カロリーを減らす

生の食材に含まれる酵素を使った酵素ダイエットには、さまざまな方法があります。手作りのスムージーを飲んだり、生野菜やフルーツたっぷりの食事にしたりといった方法です。

ここでは、手軽で効果の早い、酵素ドリンクと食事を置き換える方法について解説します。

置き換えダイエットは、自分の体重目標や生活スタイルに合わせて1日3食のうち1~3食を酵素ドリンクと置き換えてするダイエット法です。

例えば、1日3食の食事内容をカロリーで考えます。

食事内容
菓子パン、バナナ、ヨーグルト、カフェオレ
ラーメン
ハンバーグライス、サラダ、スープ

上記のような食事のとき、総カロリーは以下になります。

総カロリー
約600kcal
約500kcal
約1200kcal
合計 約2300kcal

3食の食事以外におやつなどを食べていれば、さらにカロリーは高くなっています。

例えば、この中の朝食を酵素ドリンクに置き換えます。一般的な酵素ドリンクは200kcal以下のものがほとんどです。

総カロリー
約200kcal
約500kcal
約1200kcal
合計 約1900kcal

となり、1日の食事からおよそ400kcal減らすことができます。単純に数字だけを計算すると、30日続ければ

1日400kcal × 30日 = 12000kcal

となり、1ヶ月で約12000kcl分減らせます。

脂肪は7200kcalを消費するか摂取を控えることで、約1kgを減らせるといわれています。朝食を酵素ドリンクにするだけで1日400kcal分減らせるため、1ヶ月で2kg近く瘦せられる計算です。

ただ、体調や代謝状態、摂取する栄養素などによって計算どおりに痩せるとは限りません。しかし、太りやすい食事を減らして酵素ドリンクに置き換えれば、確実に痩せ体質になります

このように、通常の3食のうち1~3食を酵素ドリンクに置き換えて、ダイエットをしていきます。

上の写真は、以前の私が実際に食べていた1日の食事です。全体的に炭水化物ばかりが多く、体に必要な酵素やたんぱく質、ビタミン、ミネラルといった栄養素が不足していました。

また、間食をよくしていて総カロリーがとても高くなっていました。このような食事を酵素ドリンクに置き換えればダイエット効果はとても高いです。

酵素ダイエットの4つの種類

酵素ダイエットには4つの種類があります。

・朝食を酵素ドリンクと置き換える

・1日3食とも置き換えるプチ断食

・2日間置きかえる週末断食

・3日間置き換える3日断食

1つずつ説明します。

朝食を酵素ドリンクと置き換える

朝食を酵素ドリンクに置き換える方法は、長期戦でゆっくり確実に痩せたい方に向いています。

午前中は体内の老廃物や毒素を外へ出す「排出」の時間です。そのため、朝食を酵素ドリンクのみにすれば、さらに代謝活動が活発になり徐々に痩せ体質になっていきます

朝食を置き換える方法は、他の2食をいつも通りに食べられるため、ストレスを感じにくい方法です。ストレスが少ないため安定して続けやすく、初めて置き換えダイエットにチャレンジする方にもおすすめです。

また、ダイエット後に体重をキープする方法として、朝食の置き換えを取り入れることができます。私も、朝食に酵素ドリンクを飲んで体重をキープしています。

1日3食とも置き換えるプチ断食

1日だけ3食とも置き換える方法は、プチ断食・1日ファスティングとも呼ばれています。1日の3食すべてを酵素ドリンクのみにして固形物は食べません。大きくなっている胃が小さくなり、胃腸を休ませる効果があります。

そのため、ダイエットを始めるときにプチ断食を最初に行うと、その後効率よくダイエットできます。

プチ断食をダイエット中の停滞期(体重が落ちなくなる時期)にすれば、また体重が落ちやすくなります。食べ過ぎたときにプチ断食をすると、体をリセットできて救剤処置になります。

1日だけのプチ断食は準備食(断食前の胃腸の準備をする食事)や回復食(断食明けに通常の食事に戻るまでの食事)をする必要がありません。そのため、手軽にできる方法です。

ただ、前日の夕食は量を少なめに、生野菜のサラダや豆腐など軽めのものを食べるようにしましょう。プチ断食明けの朝食も酵素ドリンクのみにすると、胃腸に優しくダイエット効果がアップします。

私は、食べ過ぎたときに1日プチ断食をしています。胃腸が休まって、もっと食べたい衝動も自然と消えるため過食気味の方におすすめです。

2日間置きかえる週末断食

2日間6食を酵素ドリンクのみで過ごす方法です。仕事が休みの週末にしやすいため週末断食・週末ファスティングとも呼ばれています。

2日間を酵素ドリンクのみで過ごすと毒素の排出が進み、免疫力(細菌やウィルス、がん細胞などから守る体のシステム)がアップします。これにより、女性に嬉しいデトックス(毒素や老廃物の排出)効果も高まります。

毒素や老廃物が排出されると代謝機能が活発になるため、脂肪の消費量が増えて痩せやすい体になります。

2日断食では、断食前の準備食と断食明けの回復食が必要になります。

断食前4日間の準備食と回復食:

断食前の準備食をすることで酵素断食の効果が高まります。

断食の4~3日前は、和食中心の食事にして肉や揚げ物は控えましょう。その代わり、野菜や海藻を多く摂るようにします。

断食2日前と前日は朝食を酵素ドリンクのみにします。昼食と夕食は前述と同じような和食中心で、軽く量も少なめの食事にします。

断食後の食事は徐々にいつもの食事に戻すことで、胃腸に負担をかけずリバウンドを防ぎます。

断食明けの2日間は胃が小さくなっているため、朝食と昼食を酵素ドリンクのみにします。夕食は、豆腐やおかゆなど胃に負担のかからない食事にしましょう。

断食明け3~4日目は朝食を酵素ドリンクのみにします。昼食と夕食は和食中心の軽めのものにしましょう。

断食前後の準備食と回復食をしっかりすれば、リバウンドを防ぎダイエットにとても効果的です。

3日間置き換える3日断食

3日間を酵素ドリンクのみで過ごす方法です。1日プチ断食や2日断食に慣れた方は、3日間にチャレンジしてみるといいでしょう。

上記の置き換えダイエットの中で、3日断食が1番ダイエット効果やデトックス効果が高い方法です。

実際、私が3日断食をしたとき-1.7kgのダイエットに成功しました。さらに、目の下の頑固なクマが消えて化粧のりが良くなったので驚きました。

3日断食も2日断食と同じように、断食前後の準備食と回復食が必要です。

特に3日断食後の体は、栄養の吸収力がとても高まっているためリバウンドしやすい状態です。そのため、回復食をしっかり行うようにしましょう。リバウンド防止が酵素ダイエット成功の鍵です。

また、断食後も朝食の酵素ドリンク置き換えを続ければ、ダイエット効果はさらに高くなります。体重をキープしたい方にもおすすめです。

酵素ダイエット中の注意点

酵素ダイエットは効果の高いダイエット法ですが、以下の注意点を意識すればより高い効果を実感できます。

午前中は特に意識して水分を摂る

酵素ダイエット中は水分をこまめに摂るようにしましょう。特に、排出機能が高くなる午前中は意識して水分を摂るようにします。

このときは、ガブガブ飲まず1口ずつ時間をかけて飲むようにします。水分を勢いよく飲んでしまうとすぐに排出されてしまうためです。

このとき飲むものは、お茶や冷たくない水などにしましょう。砂糖入りのジュースや脂肪分の入ったコーヒーでは、酵素ダイエットの効果が低くなってしまいます。

お腹が空いたと感じたら酵素ドリンクを飲むようにしましょう。甘味がついた酵素ドリンクであれば、おやつ代わりにおすすめです。

実際、甘いものが欲しくなったときに私は酵素ドリンクを飲んでいます。甘味がかなり強いため満足できます。私のおすすめはオレンジ味の無糖炭酸で酵素ドリンクを割ったものです。

準備・回復期間をしっかりとってリバウンドを防ぐ

酵素断食をするときは、断食前後4日間づつの準備食・回復食期間をしっかりとるようにしましょう。小さくなった胃を維持できれば、それだけ食べる量や食欲が減り体重の維持が楽になります。

特に、回復食期間を上手に過ごすことができればリバウンドを防ぐことができます。

体重が落ちたからと好きなものを好きなだけ食べてしまえば、体重はあっとゆう間に戻ってしまいます。落ちた体重を維持することが重要です。

酵素ダイエットは続けることで痩せやすい体質になります。酵素断食は繰り返すたびに効果が高まります。また、痩せたからと、太っていた頃の食事内容や食事量に戻ってしまえば、また太ってしまいます。

そのため、ダイエット成功後も砂糖たっぷりのお菓子やご飯、パンといった糖分の多いものや脂肪分が多く、酵素を大量に消費してしまう食事は控えるようにしましょう。そうすれば痩せた体をキープできます。

軽い運動をすればよりダイエット効果があがる

置き換えダイエットは運動なしでも痩せることができるダイエット法です。しかしながら、運動をすればよりダイエット効果はアップします。

例えば、スクワットなどの筋トレや買い物がてらのウォーキングなど簡単にできることでかまいません。

また、2~3日の断食中は食べないからと動かないでいると、筋肉量が落ちてしまいやすいです。そのため、特に断食中は意識して動くようにしましょう。筋肉量の減少を抑えれば、ダイエット効果に加えリバウンド防止につながります。

そこで、あえて仕事の日に断食をする方法もおすすめです。

いつも通りに家事や仕事に動いていれば運動になり筋肉を使います。また、仕事をしていれば気が紛れて空腹に耐えるのが辛い、ということもありません。

酵素ダイエットでは「どの位痩せたいか」「いつまでに痩せたいか」「いつ置き換えるか」などあなたの目的や生活スタイルに合う方法を選びましょう。

例えば、初めて酵素ダイエットをする方は朝食の置き換えから始めると安心です。慣れてきたら1日プチ断食をします。そして、加速したいときに2日断食や3日断食を取り入れるのです。

また、週末に2日断食をしたり、長期連休を使って3日断食をしてもよいでしょう。そうして、目標体重まで体重を落とし、朝食の置き換えで体重をキープします。

酵素ダイエットは、自分の目標体重や生活スタイルに合わせて手軽にできるダイエット方法です。

酵素ダイエットは酵素をとることで、体の中から健康になって代謝機能を高めます。代謝機能が高まるため、脂肪を燃やし痩せやすい体になります。

そして、ただ痩せるだけではなく肌や髪の毛などが潤い魅力あふれる女性になれるのです。